趣味と仕事ができる間取りとは

趣味と実益を兼ねた間取りの条件

趣味からプロへ、家の中で営業、作業

家と店舗の両立

住居の敷地内に飲食店やあお店がある場合、どのような条件が必要なのか。
第一に注目すべき点は、仕事スペース、プライベートスペースをちゃんと区切ること。
とても必要な条件です。
例えば、トイレやキッチンを一緒にしてしまうと、家族がストレスを感じてしまいます。
それに仕事とプライベートのメリハリがつかなくなってしまいます。
そうならないために、必要なものをまず紹介しましょう。
飲食店などは、トイレ、キッチンは上記で説明したとおり、完全に区別する必要があります。
そして大事なのは玄関です。二階が住居なら、店舗と反対の場所か、お客さんに見えないような場所に階段を作り、外から直接住居スペースに入っていけるようにしたほうが良いと思います。
お客さんも家族も気を遣うことなくいられるスペース作りが必要でしょう。

アトリエを家の中に造りたい

絵画や陶芸など、趣味から始めたものが、いつの間にか、買い手がつくくらいになった方、家で作業する時に、効率が良い間取りだと、本当に助かりますよね。
キッチンとは別にアトリエにも水道設備があって、作品の保管場所も必要になってきます。
陶芸家の場合は作品を焼く場所も必要になってきたりするので、一軒家を探すのがベストです。
一軒家で探すと以外にも、庭が広かったりアトリエとして最適な間取りの家は見つかります。
もしこの先、教室を開くことがあるかもしれないという人には、入居時に大家さんとの話し合いをもうけてもらって、リフォームはどこまで可能か、退去時の原状回復は必要かなどを事前に聞いたほうが良いでしょう。
築年数がたっている物件は、以外にも自由にリフォームしても良いという回答を得られることが多いのです。


この記事をシェアする