趣味と仕事ができる間取りとは

趣味と実益を兼ねた間取りの条件

趣味と仕事ができる充実した生活に

ピアノを習っていたり、料理が得意だったり、パティシエの資格を持っている人が、家に生徒を招いて教える場合、どのような間取りだと便利でしょうか。 生徒も使いやすく、自分もプライベートと仕事をはっきり区別できる家のほうが、お互いストレスにもならないので良いですよね。

家で生徒に教える場合

趣味を生かした仕事をし、生活できたら本当に幸せな生き方です。
自分の趣味が生活を支えることも、やりがいにつながり、とても良いことです。
私の小さい時から習っていたオルガンとピアノ、大人になっても弾きたい時は何度もあります。
でも賃貸アパートの場合、そんなことは言ってられません。
イヤホンなどがありますが、長時間の使用は耳に良くありませんし、欲を言えばできるなら電子ピアノではなく、思いっきりピアノを弾きたいものです。
しかし、その為にはどのような間取りの条件が必要でしょうか。

グランドピアノの重さは大体261㎏から415㎏、アップライトピアノでも194㎏から278㎏あります。
ピアノの場合、楽器を床にベタッと置いているわけではなく、キャスターが底に付いているので、ピアノの重量が4つのキャスターに集中します。
なので木造住宅の場合、頑丈な場所にしか基本的には置けません。
最初からピアノを置くことを考えて建てたのなら、問題はありませんが、賃貸の家に住んでいる方はとても難しい話です。
このように、家で仕事や趣味を、遠慮なく思い切りするためには、条件にあった物件を見つけなければなりません。
とはいえ、なかなかないのが現状です。

借りた後に困ってしまっても、遅いですよね。
では、そうならない為にも仕事別にどのような条件が必要で、そのためにどのような間取りが必要なのか、ピアノだけではなく、他の職業も合わせて考えていきましょう。

趣味からプロへ、家の中で営業、作業

自分の料理をお客さんに食べてもらいたいという、思いを無駄にしないでください。 趣味で始めたものも、努力次第では、お客さんに評価されるくらいの腕になるかもしれませんよね。 芸術家も同じです。 自分の家で店舗を構えたり、アトリエを作りたい人の間取りはどのような条件があるでしょうか。

少人数の仲間が同居する動画配信生活

インターネットを使って仕事をする人が、本当に増えましたね。 ネット通販や株、テレフォンオペレーターなどでお金を稼ぐ人が多いのは過去の事みたいです。 今、将来なりたい仕事の上位に「ユーチューバー」がランクインしてきました。 最近増えた共同生活スタイルから生まれるビジネスを調べてみました。